2016年11月07日

『爪跡を刻んでおきたくて…』

20160727_110621.jpg20160727_110459.jpgDSC_0387.JPGDSC_0388.JPG



今回のはず〜と温めて来たものです
そして「魂込めました」

★★★★★★★★
過去は過去のものとして…(決して懐古主義ではなく)

赤い靴はopen1993年来オルゴール結婚式なるヨーロッパ伝説を基にやってまいりました

挙式後も記念日など対赤い靴の関係はつづいていました

(同じオルゴールに誓い合った者同士 横の繋がりを創りたい)
が発露の『ブライダル同窓会』を始めた

その記録がこれだ!

https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=J0NdXqgaQrE


記憶・記録と共に八分音符長渕剛の「しあわせになろうよ」八分音符桑田佳祐の「君こそスターだ」にのせて作成

がYouTubeには著作権の問題でアップ出来ず(;_;)

ここで…大切な友人 Akira Ikedaさんに相談

……僕が尊敬してやまないあの有名なpianist『伊藤 昌司先生』に趣旨を伝え依頼

昌司先生は11 takeも忙がしい中 演奏を届けてくれた

11 takeを選曲するために店内で流して聴いていたら昌司先生のきめ細かい本当に心こもった演奏に胸がいっぱいになってしまいました…

♪…流していると可愛い綺麗なお嬢さんが…piano演奏に引き込まれお店に入って来られました正に音楽に引き込まれる如く…目


赤い靴の宝物としてこの「DVD」として遺します…

魂のこもった演奏と共にご覧下さい

♪「出会った頃の二人に

も一度戻ってみよう

そして二人で手をつなぎ

しあわせになろうよ…」




【Play by伊藤 昌司】


posted by akaikutsu at 18:53| 愛知 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。